配偶者ビザ申請 名古屋

配偶者住ビザ 名古屋
配偶者ビザ


日本人の配偶者等ビザ
とは


申請のポイント


日本人配偶者と別れた時

配偶者ビザ


会社案内


依頼するメリット


料金表


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


トップページ > 日本人配偶者と別れた時
配偶者ビザ 別れた時

配偶者ビザを取得した後にも、様々なケースが考えられます。
当社は、配偶者ビザの他にも定住者ビザや就労ビザのご相談にも対応しております。

是非、一度皆様のお悩みをご相談ください。
(相談は無料です。女性スタッフ常駐)

●今お持ちの配偶者ビザについて

在留期限内に離婚や死別等の理由で日本人配偶者と別れた場合は、配偶者ビザの資格は無くなってしまいます。
離婚によって、すぐに配偶者ビザが取り消されることはありません。しかしながら、配偶者ビザの更新はできなくなるため、在留期限までに本国へ帰国することになります。

もし、離婚した後で在留期限内に他の日本人と結婚して、配偶者ビザを更新申請する時は、前の結婚の時のように正式な結婚の証明を提出する必要があります。

離婚協議中または離婚手続中に配偶者ビザの更新時期になってしまった場合は、その事情を説明する書類を提出して、配偶者ビザの更新申請をする必要があります。これらの手続きを怠った場合、在留期間を過ぎるとオーバーステイになってしまいます

●日本人配偶者との間に子供がいる場合

@配偶者ビザから定住者ビザへの変更
日本人配偶者と離婚や死別等の理由で別れた後、日本人配偶者との間で生まれた子供をご自身が養育する場合は、「配偶者」ビザから「定住者」ビザへの変更申請ができます。

●日本人配偶者との間に子供がいない場合

@配偶者ビザから定住者ビザへの変更
離婚等で別れた日本人配偶者との間に子供がいない場合でも「定住者」ビザへの変更申請ができることがあります。しかしながら、これには、ご自身のこれまでの日本での生活期間や今後の生活の見込などの説明が必要になります。
是非、一度当社にご相談ください。

A配偶者ビザから就労ビザ等のビザへ変更
配偶者ビザを変更できない時は、在留期限までに本国へ帰国しなければなりません。お客様の現在の状況に応じたビザ申請をご提案させていただきます。

     ※女性スタッフが常駐しております。
離婚や婚姻、家族関係などなかなか話しづらいという方、当社のスタッフが親身に相談に応じます。
配偶者ビザ 名古屋